日本の企業に“やさしい”メールソリューションを!

サイバーソリューションズ株式会社

秋田プロフィール写真

代表取締役社長 秋田健太郎

ビジョン 「国内ナンバー1のメールソリューションカンパニー」
目標 「日本からアジア・ナンバー1へ」 国内ナンバー1になり、アジア制覇へ!
事業内容

■企業、団体向けメールセキュリティ関連ソフトウェアパッケージ企画/開発/販売
■クラウドサービスビジネスの企画/開発/販売
■ASP・SaaS事業向けクラウドシステムの提供及び運営

所在地 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8F
資本金 1億円
株式公開 上場予定なし
URL http://www.cybersolutions.co.jp
自社の強み

1.One Stopソリューション
2.豊富な大規模実績
3.高いサービスレベル
4.最新のテクノロジーへの対応
5.国内唯一のメールソリューション専門集団

~国内ナンバー1のメールソリューションカンパニー~

サイバーソリューションズ株式会社
代表取締役社長 秋田健太郎

Interview

- 起業時から心掛けていることはありますか

起業当時からパッケージのメーカーであり、クラウドのソリューションのメーカーであり、それ以外のことは一切やりませんでした。この業界だと受託開発をやれば、その場をしのげるお金を稼ぐことができます。しかし、自分たちの立ち位置を決め、ぶれずにやってきました。私は大学を卒業してからずっとこの業界でやってきたので、それなりのネットワークがあったのですが、起業してからほとんど過去のネットワークは使いませんでした。過去のネットワークに頼ってもすぐに枯渇し、どこかで止まってしまうと考えたからです。

- 今後のビジョンを教えてください

現在、すべてが法人のお客様で、柱となっている事業が企業向けのメールシステムです。ITの業界は、変化が激しいですが、このメールシステムは当分なくならないと考えています。メッセージングシステムの枠でいうと、企業対企業、人対人で何かコミュニケーションがあるはずなので、形がどうであれ、現在では100万人以上の利用者がいるので投げ出すことができません。今の形であるかぎりは、これから150万人、200万人となっていくと思います。これらの人たちに安心・安全な情報コミュニケーションシステムを提供し続けていかなければならないので、企業としてのビジョンというよりは使命感を持って取り組んでいきます。現在、これらは企業のライフラインでもあるので、必要とされる限り安全に使えるメッセージングのプラットフォームを提供し続けることが私たちの使命です。

- 御社の人財教育について教えてください

教育というより制度を正してきました。特に給与などの報酬面での制度では、事業計画を遂行し、さらに目標を超えていけば、成果に見合った給与を与えます。そして、会社に長くいれば良いのではなく、個人の能力に対するところに見直しました。あと、売上や利益を普段から公開し、みんなが数値を理解し仕事ができるようにしました。自分のやった分がきちんと反映されることで仕事にやりがいも持てますし、モチベーションも自分で上げられるようになると思います。そこが上手く回ることで会社の業績も上がっていきます。

- 学生へ向けて一言、メッセージをお願いします

安定と外からの目を気にするのであれば、大手企業に行った方が良いです。

「不安定だけど自分がやりたいことができて、自分でいろいろなことを切り開いていきたい人」、「会社の歯車ではなく、会社の一員としてガンガン仕事をしたい人」はベンチャー企業に行った方が良いと思います。それぞれの特性に合った企業選びをしてください。

Album

社内イベント
社員旅行、納涼船、ボーリング、等の社内イベントが多数
社外イベント
大切なパートナー様、ユーザー様との交流イベントも毎年開催
入社式
新卒第1期生の入社式。若い戦力をどんどん増やしていきます!

掲載企業