興行チケットの「流通イノベーション」を起こす

チケットストリート株式会社

_nishiyama

代表取締役会長 西山圭

ビジョン ライブ・エンターテインメントの感動をすべての人に
目標 ライブファンの、ライブファンによる、ライブファンの為のサービス創造と市場の活性化
事業内容

チケット売買仲介取引サービス「チケットストリート」の運営

所在地 東京都品川区西五反田2-27-4 明治安田生命ビル5F
資本金 2億1710万円
株式公開 3年以内に上場予定
URL http://ticket.st/
自社の強み

○流通市場・支払仲介・発送代行・顧客サポートの4要素を自社で持ち、安心・安全な取引を推進
○日本初、主催者公認マーケットプレイスでチケット二次販売を実施  ※日本バスケットボールリーグと提携
○世界最大のチケット二次流通 スタブハブとの独占パートナー契約を締結

~ライブ・エンターテインメントの感動をすべての人に~

チケットストリート株式会社
代表取締役会長 西山圭

Interview

- 御社の設立経緯を教えてください

携帯電話向けのコンテンツ事業をしていたのですが、スマートフォンの台頭により、このビジネスでは今後の将来性は見込めないと考えるようになりました。

そこでeコマースによるチケットの二次流通に目をつけました。アメリカでは二次流通がポピュラーに行われていて、市場規模や成長性も十分見込める将来性のあるビジネスであると考えました。この事業を日本でも大きな形にしていこうという想いの下、当社を設立しました。

- 御社の事業モデルを教えてください

チケットの二次流通ビジネスで、個人間でのチケット取引の仲介を行うサービスを展開しています。分類で言えば、BtoC/CtoCの事業になります。

弊社は興業(スポーツ、、ライブ、舞台等)に関するチケットに特化しています。「チケットを持っているけどイベントに行けなくなってしまった人」と「イベントに行きたいけどチケットが手に入らなかった人」をマッチングさせるサービスを展開しています。

具体的には、お客様が自身のチケットを出品し、そのチケットがほしい別のお客様が出品されたチケットを購入し、弊社がその仲介役をしているイメージです。

出品されているチケットの価格は、お客様次第で価格が決まるため、定価以上のときもあれば定価以下の価格になる時もあります。常時取り扱っているチケットの枚数は、1万5000枚程度ですね。

オークションやSNSを使った個人間の取引ですと、トラブルになることが多くあります。例えば、購入したはずのチケットが届かない、個人情報が人手に渡ってしまう、公演が中止になったときの返金保証の有無といったものがあります。お客様に安心して取引をしてもらえるよう、弊社ではチケットの発送や支払の代行、お客様に代わって返金保証をするサービスを用意しています。最近だと1つの大型のライブが中止になった際は200万円以上の返金保証を行いました。

お客様に安心と、生でしか味わえない感動の機会をこの仕組みを通じて多くの人に提供することが私たちの役割だと考えています。

- 今後のビジョンを教えてください

いわゆる芸能系のライブ・エンターテインメントは、今も年率二ケタ成長を続けています。さらにアメリカの市場規模は、日本のエンターテインメントの市場の4倍、スポーツ観戦では10倍も差があります。まだまだ市場的にも成長が見込まれますので、このチケットの二次流通というサービスをさらに日本で普及させていく予定です。 また、世界最大級のオークションサイトを運営する米eBayと、eBay傘下でチケット売買事業を展開する米StubHubと提携したことで、MLBやNBA等のチケットが日本にいながら購入できるサービスも開始し、国境を越えた感動の機会創出をしていきます。

この事業を通じて、ライブ・エンターテインメント業界全体を発展、成長させていきます。

- 学生に向けて一言、メッセージをお願いします

物事に全力で取り組むことが大事です。それは趣味であっても、アルバイトであっても、学業でも良い。そして、全力で取り組んだことが実績につながれば、なおのこと良いですね。

全力で物事に取り組んだ経験というものは、必ず仕事をするうえで、役に立つ経験になります。そしてそれは自信につながります。新しいことにも全力で、果敢に挑戦してほしいです。

Album

nokai
月に一度、全社の共有会。情報と交流を促進し、労を労います。
TS×NBL
日本初、NBL公認二次マーケットプレイス実施が決定した瞬間です。
WE ARE TS
エンタメが好きな仲間たちで、サービスを支えています。

掲載企業