関わる人と未来と社会を元気にします!

株式会社ピーアンドエフ

HIRO1614

代表取締役 佐々木満秀

ビジョン マルチドリームカンパニー ~メンバーが本気でやりたい事が出来る会社へ~
目標 グループ企業を10社確立。広告事業ではSP業界No.1に
事業内容

総合的なプロモーション戦略をベースに各種施策をフィールドプロモーションの観点で企画・立案します。
理解獲得から購入までのプロセスを企画に落とし込み、最終アウトプットである広告を中心に、店づくり、モノづくり、WEBづくり、人づくり、でシナジー効果を生み費用対効果の高い広告・販売促進を提供します。

所在地 〒541-0052 大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビル 14階
資本金 1000万円
株式公開 5年以内に上場予定
URL http://www.p-f.co.jp/
自社の強み

当社では社員ではなく、『メンバー』と呼びます。ビジョンに向けて共にトコトン働き、遊ぶ仲間です。少数精鋭での活動、高いモチベーション、素直、真面目、熱心、ホスピタリティ精神、チームワークのような人間性には自信があります。メンバー教育へは最も投資をします。

マルチドリームカンパニー ~メンバーが本気でやりたい事が出来る会社へ~

株式会社ピーアンドエフ
代表取締役 佐々木満秀

Interview

- 起業の経緯を教えてください

元々、トラックの運転手をしていて、毎日2時間睡眠の生活の中、仕事に取り組んでいました。その後、23歳の時に求人広告の会社に入り、26歳で常務までいきました。元々独立志向が強くて、30歳には独立したいと考えていました。

しかし、当時いた会社は私が30歳の時に倒産してしまい、お金も何もない状態になってしまいました。その後、その経験を経て、残務処理に追われながらも、学んだことがありました。それは仕事の中で一番大切にしなければならないことは、仕事の内容ではなく、仕事を通して"人"と"人の未来"を大事にすることでした。このことがきっかけとなり、自分自身で一からやっていこうと決め、起業しました。ヒト・モノ・カネ、創業時にはこれらの一つもありませんでした。その中で、自分の得意分野であるセールスプロモーションと、企画で勝負することを決めました。

- 人財教育について教えてください

人財教育に関する費用は全て自社で負担することを社員に約束しています。事実、ある役員には学校に通う費用として[F1] 年間1,000万円ほどの費用を使って経営者の教育を受けさせました。「マルチドリームカンパニー」の考えのもと、社員一人ひとりに「夢」を叶えてほしいと思っています。

また、読み書きソロバンといった受動的な学びではなく、体験・経験型の学びを重視しています。基本的に自分たちで体験・経験をして試行錯誤をし、自立した人間になってもらえるように取り組んでいます。

教育は3つの分野、「価値観教育」・「態度教育」・「職能教育」に分けて考えています。

価値観教育については、会社の価値観や考え方に基づきますので、自社でしかできないと考えています。価値観教育に関しては、毎週朝9:30から「全体朝礼」、全国の支社もテレビ会議で参加して行っています。そしてネットでは「今日の一言」を毎日書き、社内全体の価値観教育に取り組んでいます。

態度教育、職能教育については管理職による教育研修のOJT以外にもOFFJTを活用し、社員全体の教育には徹底して力を入れています。

- 今後のビジョンを教えてください

「マルチドリームカンパニー」をテーマに「みんなが本気でやりたいことを叶えられる会社」を目指しています。そのため「超多角化経営」を推進しています。経営のセオリーとは逆を行っていますが、やりたいことを本気でやれる環境を創ることが、最も成果をあげることができると考えています。

目標として、4年後までに10人の社長を輩出し、グループ全体で大きくなっていきたいと考えています。

- 学生に向けて一言、メッセージをお願いします

目先のことにとらわれないでください。20代はどれだけ力をつけられるかが勝負です。20代は一番気力も体力もありますので、給料や待遇を気にするのではなく、どれだけ教育に力をいれているか、30~40代でやりたいことができる力を身につけることができるのかを基準に会社を選んでください。今の自分があるのは、20代に徹底して働いてきたからです。自分の人生を価値あるものにするため、力をつけることのできる場所を見つけてください。

 

Album

zentaikai
毎年全メンバー集まる全体会議の翌日運動会での集合写真。
P-Fメンバー
東京事務所エントランスにて。各部門のチームワークは抜群!
image (4)
2014年7月「ライブ&イベント産業展」に出展しました。

掲載企業