私たちは保護(まも)り続けます。企業の、そしてあなたの大切なものを。

株式会社日本パープル

株式会社日本パープル林社長_600

代表取締役社長 林壮之介

ビジョン 私たちは保護(まも)り続けます。企業の、そしてあなたの大切なものを。
目標 文書管理のプロフェッショナルになる 東京の「保護(まも)る」から世界の「MAMORU」へ 企業の専属パートナーになる
事業内容

文書管理サービス
・電子化サービス
・ファイリングサービス
・文書保管・デリバリーサービス
・機密文書抹消サービス
情報メディアの保管・デリバリー・機密抹消サービス

所在地 東京都港区赤坂8-5-6 翻訳会館3F
資本金 1000万円
株式公開 上場予定なし
URL http://www.mamoru-kun.com/
自社の強み

機密文書抹消分野でシェアNo.1。 創業から40年以上、行政から銀行、大手企業様まで絶対的な信頼をいただいています。文書管理のプロフェッショナルとして、高い情報セキュリティ基盤とノウハウを基に、
1.文書管理サービスの拡大
2.グローバル展開も含めた国内外へのエリア拡大
3.大切なものを保護るビジネス集団として新たな事業展開
をビジョンとして新規事業を次々と立ち上げる予定です。
2~3年後に新規事業を推進するための経営幹部になるチャンスと環境があります。

~私たちは保護(まも)り続けます。企業の、そしてあなたの大切なものを~

株式会社日本パープル
代表取締役社長 林壮之介

Interview

- 社長になられた経緯を教えてください

設立の経緯はトラック一台でできることは何かを考え抜いたことがきっかけでした。先代が会社を始めた中で、環境貢献など社会的意義のあるものをしていこうと考えた結果、それは情報保護ビジネスであると考え、この事業を主軸として会社経営が行われてきました。2014年で創業43年目になりますが、2007年に私が新しく代表となり、以前から続く高付加価値サービス志向をさらに拡大し、全国展開を目指しています。文書管理サービスを提供してきた当社ですが、さらにお客様の大切なもの、守るべきものを保護(まも)ることのできる会社にしていきます。

- 御社の人財育成について教えてください

2~3年以内に経営幹部になることを志向する人を中心に採用しています。また経営幹部になるための考え方を学ぶ必要がありますので、私が月に1回、研修を行っています。また、新卒社員には、社会人として必要になる力を身に付けるための研修も受けてもらっています。

- 今後のビジョンを教えてください

情報を保存・管理する記録媒体は長らく紙が中心でしたが、デジタル化によりCD、DVD、そしてインターネット、クラウドを活用する時代へと入ってきました。ビッグデータなど、扱う情報量も飛躍的に伸びています。文書の電子化、デジタル情報の管理・有効活用に関するシステム・サービスは、私たちが新たに取り組んでいることの一つです。このシステム・サービスを現在当社の主力サービスの1つである『保護る(まもる)君』に次ぐ事業に育てるべく、一丸となって取り組みを始めています。また、これから海外展開にも力を入れていく予定で、すでにシンガポールでビジネス展開をしています。この2~3年のうちに、アジアやオセアニアでのビジネスを展開し、最終的には“情報ビジネスの本場”とも言えるアメリカに進出していきます。

- 学生に向けて一言、メッセージをお願いします

これから新しい事業を立ち上げていく中で、各事業の責任者が必要になってきます。すでに今年入社してくれた新卒社員が、新規事業を生み出すプロジェクトに参画してくれています。もちろん最初から全て上手くいくはずがないと思います。失敗もすることでしょう。それでも任せるのは、将来経営幹部になってもらうことを期待しているからです。 遠慮はいりません。日本パープルの環境、資産、ノウハウ、人財を存分に活用し、あなたの手で新しいビジネスを創造していってください。

Album

文書管理のプロフェッショナル
文書管理のプロフェッショナルとして全社員情報管理関連資格取得
お客様からの信頼
行政から銀行、大手企業様まで絶対的な信頼をいただいてます
富士山クリーンプロジェクト
環境貢献活動富士山クリーンプロジェクト世界遺産登録前から活動

掲載企業