顧客の創造を通じて、関係者全員の幸福を追求し、各個人の成長を促す

レバレジーズ株式会社

岩槻

代表取締役 岩槻知秀

ビジョン 国、業界をまたいで素早くかつ健全に拡大し参入した業界において最も競争優位性のある会社になる。 その為に、人的価値の向上に全メンバーが努力する。
目標 様々な分野で付加価値の高いサービスを提供し、世界に誇る企業を目指しています。
事業内容

インターネットメディアを事業軸に、IT、医療、その他新規分野に事業を展開。

所在地 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
資本金 5000万円
株式公開 検討中
URL http://leverages.jp/
自社の強み

新規事業に対して積極的な点。特に新規メディアの立ち上げには強く、自社メディアは全てインハウスで行なっているため、新しくメディアを立ち上げる際にもその分スピード感を持って進められる。

~様々な分野で付加価値の高いサービスを提供し、世界に誇る企業を目指します~

レバレジーズ株式会社
代表取締役 岩槻知秀

Interview

- 起業の経緯を教えてください

起業家になることを決めたのは19歳の時でした。事業家の父の影響もあったと思いますが、何よりも「たった一度きりの人生、大事業家として人生を全うしたい」この気持ちが自分の中で大きなウェイトを占めていました。

学生時代、父の事業が上手くいかなくなったことが原因で両親が離婚し、一家が離散するという経験をしました。その後も大学に通ってはいたのですが、個人の借金もあったため非常に苦しかったのを覚えています。「必ず起業する」という思いで、月に30日働き、大学に行くこともできない苦しい状態が続いていました。このような状況下で、最も効率的にお金を稼ぐ方法は何かと考えた時思いついたのがプログラマーでした。他の仕事に比べ、圧倒的に当時は時給が高かったからです。未経験ながら独学でプログラミングについて学び、やっとの思いで就職後、実践するとともにスキルを身に付けていきました。

その後、設立間もない小さなIT企業から声をかけてもらい働くことになったものの、私が誘われた企業は信じられないほどブラックな企業でした。ただ、この会社での経験は大きな学びとなり、自分が起業をする際は「社会にとって価値のある仕事」をしなければならないと、具体的な事業内容や企業理念などを考えるきっかけにもなりました。仕事とお金に苦労した経験から、金融と人材の領域で事業を興すことを決めレバレジーズを設立しました。

- 今後のビジョンを教えてください

将来的には財閥のような事業体にしていくことを考えています。様々な事業セグメントを持ち、世界中に進出する、安定した事業基盤を持った企業体を創りたいと考えています。

社会貢献的な側面で言うと、社会に必要とされる事業に対して積極的に資金投資を行っていきたいと考えています。医療分野などにも興味があるので、研究開発などに資金を投じ人々にとってプラスとなるような形で社会に貢献していきます。

- 御社の求める人財を教えてください

3つの素養を兼ね備えた人を歓迎しています。

1つ目は信頼性。価値観が合うことや一貫した考えを持っているかです。

2つ目が知性。地頭力、対人知性、知的好奇心があるかです。

そして何よりも重要なのが3つ目の、仕事に対する「情熱」です。

- 学生へ向けて一言、メッセージをお願いします

安定した仕事に就きたいと考えている学生は多いと思いますが、安定というのは会社ではなく、自分自身の仕事の中にあるものだと思ってください。そういった観点から、断片的な能力でなく、どこでも必要とされる汎用的な能力を身につけられる会社を選び、その中から自分のイメージやビジョンに合うところを選んでください。応援しています。

Album

オフィス写真

掲載企業