社員が笑顔だからお客様を笑顔にできます

株式会社フリーウェイ

aDSC_4869

代表取締役社長 小野真弘

ビジョン 人が社会とつながるためのインフラになります
目標 社員構成における女性比率、高齢者比率、障碍者比率日本一
事業内容

シェアハウス向けハウスクリーニング
住居、事務所のリフォーム工事、美装工事
不動産コンサルティング
趣味性が高い分野における事業開発と運営

所在地 港区赤坂1-1-17 細川ビル810
資本金 50万
株式公開 検討中
URL http://freeway-inc.com
自社の強み

社員の幸せを徹底的に追及し、社内外に尊敬し合える人間関係が形成されている。
不動産事業やホテル・レストラン等サービス業に関する豊富なノウハウをもとに、独自の清掃サービスを提供しています。

社員全員がイキイキと働き、お互いに尊敬しあう会社は成長できる

株式会社フリーウェイ
代表取締役社長 小野真弘

Interview

- 起業に至った経緯を教えてください

「社員全員がイキイキと働き、お互いに尊敬しあう会社は成長できる」という信念を実証するため、起業しました。人間は社会と繋がらなければ生きていけません。会社は個人が社会と繋がるための極めて重要な存在です。しかし、会社において人格が否定されたり、尊厳を踏みにじるような扱いを受けて、身体や心を壊されてしまった人が多く存在します。私はサラリーマン時代に、恣意的な言動によって平気で人の尊厳を傷つけてしまう経営者が少なくないことを知りそこに、大きな問題を感じていました。

世の中には、他人に対し敬意を持たなくても一定の社会的地位にある人が存在します。しかし、彼らはその利己的、自己中心的な生き方によって自分の成長が止まるのみならず、他人を不幸にしていることに無自覚です。

一方で、いつも人を尊敬し、謙虚な姿勢で接する人は、継続的に成長を続けて、周りの人をどんどん幸せにしていきます。私はずっと「社員が幸せな会社は成長し続ける」と考えていました。この考え方が正しいことを「人生を懸けて実証しよう」と思ったことが、起業したきっかけです。

- 御社の社風を教えてください

「人を大切にする、感謝する、お互い尊敬しあう」これは5年間の会社経営におけるすべての行動の基準となる考え方です。この考えに基づいて行動することで「社会全体が幸福を実現するためのインフラとなる」という想いに応え続けるメンバー達が集まってきました。

ウェットな人間関係を職場に持ち込まないことも徹底しています。派閥や人の好き嫌いによる悪影響ほどつまらないことはありません。自信と誇りをもってプロとしての仕事を全うするからこそ、社員はお互いを認め合える関係になれるのだと思います。そのため、社内で強制の飲み会などプライベートへの干渉となる行動は一切排除しています。

「お客様に喜ばれたらうれしい」という気持ちで取り組んでいるからこそ、笑顔で仕事ができますし、多くのやりがいを感じることができます。また、そういった思いで仕事をするスタッフばかりであることは、何よりの誇りです。

- 若手社員をどのように育てていきますか

やりたい仕事があるのであれば、その環境を用意します。結果を残してさらに上のステージを目指す人には、常に上昇できるステージを与え続けます。

会社全体の業務と役割を理解し多角的に物事を判断できる人は、同じ仕事をしていても漫然とこなす人に比べて格段に成長スピードが速まります。

社長以外の椅子はすべて空けてあります。課長も事業部長も執行役員も取締役も、能力があれば年齢や経験年数に関係なく、責任と権限を積極的に委譲します。失敗を恐れずに挑戦し続ける人材には、世超途上である当社は最適なステージにあると思っています。

私の側近として、全てを吸収しいずれ追い抜いてやろうにという覚悟を持った人財を、私も人生を懸けて育てていきたいと考えています。

- 学生に伝えたいメッセージをお願いします

安定した人生とは、同じような毎日を過ごすことなのでしょうか?絶えず変化の中に身を置き、成長し続けることこそ、「常に社会から必要とされ続ける」安定した人生といえるのではないかと思います。

楽して稼ぐことが幸せでありエリートの証であるという風潮があり、とても残念なことです。自分以外の誰かを幸せにすることが生きている意味であり、誰かに必要とされることそこが幸せなのだと思います。

自分らしさとは、誰かに認められ、必要とされ、感謝されたときに感じられるものです。私利私欲にかられた無様な姿を晒すことではありません。情報が多すぎるのか、働きがいや生きがい、ワークライフバランスという言葉が独り歩きしている時代です。あなた自身が、誰を幸せにできるのか、誰を笑顔にできるのか、生きる意味の根本に立ち返ることで働く意味を考えて社会に飛び込んできてもらいたいと思います。

Album

aIMG_0793
aIMG_0794
aIMG_0795

掲載企業