助成金コンサルティング

厚生労働省管轄:助成金のポイント

弊社がご支援する助成金は、厚生労働省管轄の助成金に限ります。厚生労働省管轄の助成金は、受給要件を満たしていれば、業種・業態を問わず活用することができ、返済の必要はありません。
この助成金を活用し、各社が「企業内人材育成機関(階層別強化研修)」を設立(実施)するためのサポートを行っております。弊社の研修トレーニング導入企業様で、助成金の申請を希望する場合に限り、助成金申請のコンサルティングを併せてご提供します。

助成金の対象となる取り組み(一部)

※その他多数

助成金の種類(一部)

※上記は中小企業の場合の助成率になります。各企業の状況によって助成率が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

助成金の財源

厚生労働省が管轄する助成金の財源は、企業が納める「雇用保険料」で賄われています。その財源は年間約2,000億です。雇用保険料の徴収額が労働者より企業の方が多い理由はこの助成金の財源に充てるためです。言い換えると、現在雇用保険料を納めている経営者は、当然に助成金を受給する権利があるということです。

雇用保険料(一般業種の場合)
雇用保険の使い道

助成金の受給要件

助成金申請の流れ