世の中の「基盤」を創り、世の中の「基盤」になる

ベイシスホールディングス株式会社

代表取締役社長 吉村公孝

ビジョン 世界中の人々から必要とされる企業になる
目標 ICTを通じ便利で快適な世の中を創造し、社員の物心両面の幸福を実現する
事業内容

・モバイルエンジニアリング事業(携帯電話インフラ構築)
・ディストリビューター事業(通信回線、その他ICT商材販売)
・ソリューション事業(O2Oソリューションの企画、開発、運営等)

所在地 東京都品川区北品川1-9-2 TOKYO YBビル 5F
資本金 9347万円
株式公開 3年以内に上場予定
URL http://www.basis-hd.jp/
自社の強み

■常に進化し続ける通信インフラ業界で、業績拡大中!
■風通しがよい社風の中、未経験者・若手も多数活躍!
■ICT分野において培ってきた技術力で、社会へ貢献をします

~世界中の人々から必要とされる企業になる~

ベイシスホールディングス株式会社
代表取締役社長 吉村公孝

Interview

- 起業の経緯を教えてください

学生時代から、漠然と将来起業したいと思っていましたが、どのようなビジネスをしようかを全く考えることができていませんでした。知識も経験もありませんでしたからね(笑)

それでも、携帯の通信エンジニアリング事業に偶然巡り合い、これから携帯電話市場は爆発的に普及する、進化していくと直感的に感じ取り、学生時代からの想いと新たなビジネスチャンスに情熱を抱き、社会人1年目の時、将来必ず通信事業で旗揚げすると決めました。

初めて起業を試みたのは、入社から1年半後のことでした。当時23歳です。同期と一緒に独立し、携帯電話の通信エンジニアリングの仕事を始めました。その頃、携帯電話業界はバブル期を迎えていて、いくらでも仕事が来る時代でした。ノウハウもお金も人脈も何もない、ないない状態で独立しましたが、事業は順調に進んでいました。4年ほど経ったころ、今後の成長のため、それぞれが独立して各自の責任において経営の舵をとっていこうと決めました。今一度自分の力を試したい想いに駆られ、会社は相方に譲り、新しい会社を立ち上げようと思い、当社を設立しました。

- 御社の新卒採用と人財教育について教えてください

常に先を見据えて人財の採用に取り組んでいます。2016年卒で9年目になります。新卒採用は、「理念への共感」「高い基礎能力」を備えているかを見極め、判断しています。日々の現場での指導はマネージャーに任せていますが、人財教育は内定者の時代から、私が直接新卒社員に行っています。1泊2日の合宿で、朝から晩まで教育をしています。入社後の新入社員研修から、3ヶ月後、半年後、1年後、2年後、3年後と研修を行いますが、これらの研修は全て私が主体となり取り組んでいます。

社員と社長の関係にとどまらず、社員には幸せになってほしいと本気で思っていますので、一人ひとりと真剣に向き合っています。

- 学生に向けて一言、メッセージをお願いします

「何故仕事をするのか」を明確にしてください。確かに、若い時に考えるのは難しいと思います。

私自身、若い頃は仕事をするのは「生活のため」だと思っていました。しかし、今は「人に喜ばれたい」、「人に必要とされる人間になりたい」、このような想いが強くあります。人間としての喜びを一番得られるのは仕事だと考えています。仕事は誰かの役に立たなければ成り立つものではありません。仕事をする一人の社会人として、仕事を通じて同僚やお客様や家族に喜びを与え、自分も人から必要とされ、喜びを感じる。どのような役職や立場であれ、仕事は喜びを得るための最高の手段だと捉えています。自分の人生を最高に豊かなものにしたいのであれば、自分が本当にやりたいと思える仕事で世の中に喜んでもらってください。今の学生には、このような軸で会社選びに取り組んでもらいたいです。会社の理念に心の底から共感できた場所で、仕事をすることを通じて、世の中に喜びを与えられる人財になってください。

Album

年に一度、全国の社員が集まるキックオフ会を開催しています。
恒例のBBQ大会!家族ぐるみのコミュニケーションも盛んです!

掲載企業