価格競争ではなく価値競争、食品産業をブランド産業へ

株式会社生産者直売のれん会

代表取締役社長 黒川健太

ビジョン 価格競争ではなく価値競争を行う食品流通を構築し食品産業をブランド産業に
目標 多種多様な魅力を持つ中小生産者が輝けるような多種多様な食品流通の構築
事業内容

生産者ごとの魅力が最大限表現できる【1坪ショップ】を開発し、その魅力を最大限伝えられるよう多種多様な販路網を構築し、駅ナカを中心に「SHOP in SHOP」の形態で日本そして海外への展開を推進します。

所在地 東京都台東区雷門1-2-5
資本金 1億円
株式公開 上場予定なし
URL http://www.noren-kai.com/
自社の強み

小売業ではなく生産者支援業としての使命感を持ち、また、多数のブランド事業を同時並行で推進する為に事業部制を採用し、各部門が担当ブランドの商品戦略、販売戦略を決定しスピーディーに事業を推進しています。

~多種多様な魅力を持つ中小生産者が輝けるような多種多様な食品流通の構築~

株式会社生産者直売のれん会
代表取締役社長 黒川健太

Interview

- 御社の新卒採用についてのお考えを教えてください

私たちは、食品を売っている会社ですが、食品の経験者はいません。商品や業界の知識と経験が無いのは、マイナスといえばマイナスです。しかし、固定概念にとらわれずに大胆な戦略・行動ができるプラスの要素もあります。

そういう意味で固定概念に縛られず、自由な発想のもと行動できる人を採用したいと思い、新卒採用をしています。食品知識が染みついた人や、販売知識が染みついた人よりも、弊社が目指すことを伝えた上で、自らの頭で考えて成長してくれるような、ベースの価値観が合った人と働きたいと考えています。

- 御社の人財教育について教えてください

教育については意識を高くもっています。各メンバーは、「昨日の自分を超える」をテーマに仕事をしています。しかし昨日の自分を超えることは、日々昨日までの自分ではできなかったことに挑戦することであり、「努力」が何よりも必要になります。当社では、日々努力し、目標を達成した時に感じる達成感、成長実感を得ることを目標としています。
また、当社は外部にて授業も行っています。縮小する日本市場の中で求められるのは新たな「付加価値」を生み出せる人財と考え、嘉悦大学では2年間のカリキュラムを組み、ブランド化をテーマに事業を実践する活動を推進し、調理学校の辻学園では調理技術だけでなく商品企画力を身に付けるカリキュラムを組み、商品開発を行いコンペで採用された商品は実際に世に送り出す活動を行っています。

- 御社の経営方針を教えてください

「誰よりも早く沢山の小さな失敗を繰り返した者が、誰よりも早く大きな成功に辿り着く。」を基本方針としています。答えの解らない現代において、どれだけ仮説を立ててアクションを起こしたとしても、検証し、課題を改善していくといった一連のサイクルが早くなければ、会社は生き残ることも成長もできません。

私がチームごとに指示していては全体の業務が遅く、間に合わなくなります。その為、チームには自立して考えてもらい、失敗を恐れず、むしろ高いモチベーションで失敗を繰り返すつもりで、仕事に挑戦してもらっています。

未だ創業8年目の弊社は、短期的な利益を残すことを目指すよりも、未来に向けて投資を行う判断なども事業部門ごとに行ってもらっています。「あれだけ失敗しても、また次の挑戦をしているのか。」と周りから驚かれるほど挑戦し続ける組織でありたいです。

Album

八天堂の新たな挑戦 『HACHI PAN CAFE』
1坪ショップを集めた集合催事 『菓匠百選』
辻学園 初回講義の様子

掲載企業