『常識を変え、人を変え、食を変え、世界を変える』

株式会社FTG Company

代表取締役社長 李 純哲

ビジョン 日本初の食文化 「Yakiniku」を世界へ発信
目標 全世界に1000店舗 1000億企業
事業内容

『Yakiniku』を世界共通語にする事業

・『大阪焼肉・ホルモン ふたご』 の運営 (人の記憶に残る焼肉店を目指す) ・飲料品の販売   (メーカーとして食品の開発に取り組んでいます)

所在地 〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-6-1 千陽アポロンビル6階
資本金 3000万
株式公開 5年以内に上場予定
URL http://www.ftg-company.com/
自社の強み

当社が運営する『大阪焼肉・ホルモン ふたご』は、これまでの焼肉のイメージとはひと味違う、 より身近でより楽しめる焼肉のカタチを追及した独自の接客スタイルで、お客様のご支持をいただいています。

「人の記憶に残る焼肉店」を目指しています

株式会社FTG Company
代表取締役社長 李 純哲

Interview

- 起業の経緯を教えてください。

「親孝行をしたい」という想いがきっかけです。私が育った家庭は、あまり裕福な家庭ではありませんでした。私は23歳で上京し、大手焼肉店に入社、そこで7年間焼肉店のイロハを学び、30歳で独立しました。23歳のときから30歳で自分の飲食店を持つということを決めていたため、迷いはありませんでした。飲食店に決めたのは親が飲食店を経営していたからです。そもそも自分に合う仕事とは何でしょうか。私も保険の会社に入社していたらもっと伸びていたかもしれませんし、小学生の頃からゴルフをしていたら石川遼選手以上にうまくなっていたかもしれません。焼肉ではなくイタリアンを経営していたらもっと売り上げが良くて、反対にフレンチだったら独立すらできなかったかもしれません。だから仕事に自分を合わせて行くこと、一度決めたらそれ一筋で進むことが大切だと私は考えます。

- 社員教育にかける想いについて教えてください。

弊社では社員もアルバイトの方も最初は研修から始まります。研修では、商品についての知識や接客方法、肉の焼き方など基本的な知識はもちろん、スマイル研修や焼肉の歴史、会社の理念である「ふたごすたいる」などを教えます。私は社員に、会社が大事にしている理念や信念を理解してもらい、チームの一員としての意識を持ち、アルバイトと社員一丸となって仕事に取り組むことを期待しています。アルバイトがアルバイトを教える仕組みをつくっているのですが、そうすることで教える側も教わる側も成長できます。そして自分が成長していること、評価されていると感じることが人の成長に繋がり、人の成長が起業の成長に繋がると考えています。人の成長なくして企業の成長はありません。弊社では理念が根底にあって、それが一番の核になっています。社員教育は全て企業理念と行動方針に基づいています。もし仮に社員が辞めたとしても、「FTGにいてよかった!」と思われるような会社でありたい、他社にいっても「その力、どこでつけたの!?すごいね!!」と思われるような会社でありたいと思います。弊社では自分の夢を追いかけて会社を辞める社員を止めません。ただし、もし独立を望むのであれば「独立」と「FTG」をリンクさせて仕事に取り組むべきです。FTGを引っ張って行く、FTGにいなければならない存在になったとき、初めて独立できる力がついたと考えるからです。

- 新卒採用にかける想いをお聞かせください。

弊社では心の綺麗な人を求めています。損得で物事を決めない、見返りを求めずに行動できる気持ちを持っている人を採用したいです。また、私は人をモノのように扱う会社であってはならない、飲食業界のイメージを変えていきたいと感じています。そのため、弊社では新卒に高度なスキルや能力を求めていません。企業は人を成長させるために存在すると考えるからです。人見知りだった子がすごく話せるようになったり、トークスキルがあがったりするのを見るのは大変嬉しいことですね。

- 今後のビジョンをお聞かせください。

5年後には、国内100店舗展開と海外の多店舗展開を実現します。もちろん、これも関わってくださる人々の幸せを追求する環境作りの一貫です。長期目標は、売り上げ1000億円の企業をつくること、世界に1000店舗つくることです。そのために日本で生まれた焼肉という食の提供者が確かな地位を得て、この仕事に従事していることを誇りにできる土壌をつくり上げて行きたいです。そのためには国境を超え「日本発の食文化・Yakiniku」を発信し、多くの人々を感動させ、愛されなければなりません。私は社員によく、「肉を売っているのではない、人を売っている、文化を売っているのだ」と言います。外国人にとって「寿司」がテレビの中の食べ物から身近な食べ物になってきたように、焼肉文化を育てて行きたいと考えております。そして焼肉の魅力が国や人種を越えて世界中に伝わり、仕事に携わる料理人とサービススタッフが、フレンチ・イタリアン界の巨匠のように尊敬をされる存在になることを目指しています。

- 大学生へのメッセージをお願いします。

夢や目標を持ってほしいですね。就職のために就職活動をするのでは意味がありません。自分が将来どうなりたいかという将来像を軸に自分が働く会社を決めてください。本音を言うと、大学生時代に将来のことを考えるのでは遅いと思っています。メジャーリーガーのイチロー選手やプロゴルファーの石川遼選手は幼稚園生の時から自分の登る山を見つけています。ですから、私たちはすでに遅れているということに焦りを感じなければなりません。また、人を好き嫌いで選んではいけない、人を好きになろうとすることが大切です。環境で人は育つと言われますが、環境もまた人で育ちます。「自分以外の人間に対して想う気持ち」を大切にすると自然と幸せな人生を歩めるはずです。

Album

お客様の新たな感動のため今までの常識にはこだわらない。
若き経営陣が創り出す、斬新なサービスがお客様の心をキャッチ!
急成長中だからこそ、様々なキャリアプランを描くことができる。

掲載企業