私たちは、世の中の情報を漫画に変換し続けます。

株式会社トレンド・プロ

代表取締役社長 岡崎 充

ビジョン 日本の文化「漫画」を活用して企業、団体、社会に幅広く貢献する。
目標 会社、自治体の発信する情報の10%を漫画に変換する。
事業内容

■広告マンガ情報サイト『アドマンガドットコム』
■マンガ出版物の制作『ブックスプラス』
■キャラクターマンガ制作『キャラド』
■マンガ表現の可能性を追求『マンガ表現研究所』
■就活生対象人生指導塾『岡崎塾』

所在地 〒105-0004 東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル3F
資本金 2000万
株式公開 上場予定なし
URL http://www.ad-manga.com/
自社の強み

●日本初!日本一!の制作実績 取引社数1300社 制作実績4500案件(大手企業、官公庁中心)                                                    ●社員への教育費年間30万円/人                                      ●人間成長できる社員育成プログラムあり(朝会、定例会、課題図書、木鶏会、セミナー受講)    ●年2回の社員お楽しみ旅行(国内、海外)

社員、スタッフが仕事を通じて成長し続けること。 それがトレンド・プロの目指す姿です。

株式会社トレンド・プロ
代表取締役社長 岡崎 充

Interview

- 起業の経緯を教えてください。

24歳の時に新卒でヤマハ発動機株式会社に入社しました。全新入社員が営業部に配属されるため、2ヶ月間の研修後、東京支店城東営業所に勤務することになりました。本当は本社の企画へ行きたかったのですがトップセールスになるしか行く方法が無いことを知り、トップセールスを目指して1に仕事、2に仕事、3、4抜かして5に女性という日々を過ごしました。有給休暇など聞いたこともなく、夜討ち朝駆けでヤマハのシェアを拡大する為に戦い抜きました。将来は起業したいという夢があり、その為にも営業力が必須と考えていたため、頑張ることができました。後に1983年下期東京支店(関東エリア)でトップセールスになり、翌年7月に念願の本社営業部企画課へ配属されました。1986年には国内営業戦略の柱に私が提案した顧客管理代行システム・ボイスが選ばれ、PL(プロジェクトリーダー)となりました。大企業の場合、この手の大掛かりなプロジェクトを行う前には本社内で関連部署の責任者達に承諾をいただく儀式があります。そのプレゼンの席上でPLである私は一つの賭けに出ました。資料を配らない代わりにマンガを使った紙芝居でプレゼンしたのです。この作戦は大好評で、満場一致で承認を受けました。その後、母の死去をきっかけに独立する覚悟で退社をし、某博多ラーメンフランチャイズ本部に転職して1年半修行した後、33歳で株式会社トレンド・プロを設立しました。

- 社員教育への取り組みについて教えてください。

研修、朝会、メンター制度、岡崎塾など社員にはさまざまな教育をしています。研修は社内で行うものと、社外の専門講師が行うものがあります。社内研修では、実務上必要なスキル向上のための研修だけではなく、トレンド・プロの全社員が目指す「自立成長型人間」になるための参考教材も多数用意しています。また、ビジネスで成功するためにはセンスや技術を磨く前に、人間としてのしっかりした基礎力を身に付けることが必須と考え、「ビジネス9原則」を具体的に考える朝会を行っています。「メンター制度」は仕組みとして新人を個別指導していく制度です。メンターとなる先輩が新人を一対一で指導していくことにより、個別の課題を洗い出し、きめ細やかなケアが可能となっています。「30歳の誕生日になりたい自分になる!」をゴールに設立したのが岡崎塾です。就活生を中心に、それぞれが決めた理想的な30歳の社会人像に向かって定例の勉強会を開催しています。社員も毎回参加し、学生との議論で自らを見つめなおしながら新鮮な刺激を受ける機会を提供しています。

- 今後のビジョンを教えてください。

漫画の製作分野は78%が空白地帯です。つまり、誰もマーケットとして事業化していないということです。昨年1番売れたビジネス書はスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」の漫画版です。今はビジネス書も漫画化している時代で、弊社だけでも17冊を編集しています。今後は海外展開も視野に入れ、海外で漫画を受注していきたいと考えています。漫画は識字率が低い国の教育に役立つと考えています。

弊社の活動目的のひとつは、「自立成長型人材」をつくることです。人は仕事を通して自分を磨き成長できることが人生の幸せにつながります。そして、やるならナンバーワンを目指します。21世紀は、社員数や売上規模の大きさで会社を評価できない時代です。その分野で日本初、そして日本一を目指します。日本が世界に誇る3大文化の一つ、「漫画」を使って社会に貢献していきます。

Album

代表的な制作物が並ぶアドマンガショールーム。
笑顔の絶えない明るいオフィスで広告マンガを生み出しています。
社員旅行では京都祇園で舞妓遊び!等々、毎回全力で楽しみます。

掲載企業