1冊の本によって、たくさんの人を幸せにする

株式会社天才工場

代表取締役 吉田浩

ビジョン 出版によって「幸せな読者」を作る 
目標 日本中に埋もれている優れた作家と企画を発掘する
事業内容

出版プロデュース業務。31年間で1700冊の本を世の中に送り出す。
また、代表者が自ら執筆した童話、ビジネス書は200冊を超える。

所在地 東京都豊島区西池袋 2-25-10 目白コーポ 705号
資本金 1031万円
株式公開 上場予定なし
URL http://www.tensaikojo.com
自社の強み

・31年間で1700冊の書籍をプロデュース→業界No.1
・出版社500社、編集者1200人の人脈 →業界No.1
・1000名のライターを著者に紹介     →業界No.1

本づくりを通して、「幸せ」を日本で一番作り出す会社へ

株式会社天才工場
代表取締役 吉田浩

Interview

- 御社の「企業理念」や大切にされている「考え方」を教えてください。

天才工場の企業理念は、「出版によって幸せな読者を作る」ということです。
1冊の本によって、たくさんの人が幸せになります。
当社は、年間に100冊の書籍を出版プロデュースしています。
日本一、幸せを作り出している会社です。
また、経営者が本を書くことによって、経営課題が明確になり、自社の強みも明確になります。
経営者がひとり1冊、本を書くことによって、売り上げが倍増し、日本経済がよくなります。

- 御社の「人財育成」に懸ける想いを教えてください。

社員の少ない会社ですが、その分、社員とスタッフが助け合ってひとつの目的を達成しています。
目的は、セミナー集客や毎月の出版契約の獲得です。
当社の「人財育成」に必要なことは、
1、協力し合うこと。2、個々の強みを活かすこと。3、最後までやりぬくことです。

- 会社を発展させていくために、どのような人財を求めていますか?

・本が好きな人。
・相手のことを思いやれる人。
・誠実で一生懸命に働く人。
・ネットに強い人。
・新しいビジネスモデルを構築できる人。

- 御社の今後の目標を教えてください。

・一生書き続ける作家の養成。(ジャイアン出版塾)
・作家と企画書の発掘。(NPO企画のたまご屋さん)
・学生の出版を応援。(出版甲子園)
・ベストセラーの創出。
・出版プロデューサーの育成。
・出版業界の発展。作家、出版社、書店、すべてが幸せになる本作り。

Album

31年間で1700冊の書籍をプロデュース!
出版社編集者や作家を集めたセミナー、パーティも開いています。
「一生書き続ける作家」を育てる「出版塾」も開催しています。

掲載企業