助成金活用 新人即戦力研修実質負担0円中小企業・大企業対象

イメージ

助成金活用 新人即戦力研修実質負担0円中小企業・大企業対象

対象職種:営業(BtoB)、接客(飲食・小売)、エンジニア(Java・インフラ)

相談無料!お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!

研修期間
営業・接客:2018年4月~9月:6ヵ月間(全11回)
エンジニア:2018年4月~:1ヵ月コース・2ヵ月コース・3ヵ月コース
受講対象者
2018年卒・35歳未満
対象助成金
人材開発支援助成金
研修費用
300,000円/1人(税別)
エンジニア:330,000円~/1人(税別)

無駄な新人研修は、もう終わりにしませんか?大半の研修会社は大きな過ちを犯しています。その結果、参加をした企業は「成果の出ない(変化が現れない)研修」に多額の費用を投じています。

表

これらの原因は、マインドセットを行わずに「=研修受講後の責務を認識させずに」インプットだけの研修を受けさせているからです。

多くの受講者は、自分が投資を受けていることを理解していません。「投資=リターン」つまり、研修受講直後に成果を出すことが求められる意識をもたなければなりません。この問題を解決する方法があることをご存知でしょうか?多くの企業で、圧倒的な実績(変化を促進)を誇るメソッドがあります。

秀實社が提供する研修は、マインドセットと継続トレーニングで確実に意識変革を促します。

  秀實社は、マインドセットを軸に「幹部・管理職」から「新人」への  研修トレーニングを提供しています。

無駄な新人研修は、もう終わりにしませんか?大半の研修会社は大きな過ちを犯しています。その結果、参加をした企業は「成果の出ない(変化が現れない)研修」に多額の費用を投じています。

表

これらの原因は、マインドセットを行わずに「=研修受講後の責務を認識させずに」インプットだけの研修を受けさせているからです。

多くの受講者は、自分が投資を受けていることを理解していません。「投資=リターン」つまり、研修受講直後に成果を出すことが求められる意識をもたなければなりません。この問題を解決する方法があることをご存知でしょうか?多くの企業で、圧倒的な実績(変化を促進)を誇るメソッドがあります。

秀實社が提供する研修は、マインドセットと継続トレーニングで確実に意識変革を促します。

  秀實社は、マインドセットを軸に「幹部・管理職」から「新人」への  研修トレーニングを提供しています。

3年間で40回以上のメディア掲載実績(新聞記事多数)

メディア

メディアに掲載されるのは、我々の研修トレーニングが圧倒的な成果が出ている!結果にコミットしている!からです。(導入企業様、受講者様より、感謝の声を多数頂戴します)

3年間で40回以上のメディア掲載実績(新聞記事多数)

メディア

メディアに掲載されるのは、我々の研修トレーニングが圧倒的な成果が出ている!結果にコミットしている!からです。(導入企業様、受講者様より、感謝の声を多数頂戴します)

秀實社の新人即戦力研修の3つのポイント

ポイント

秀實社の新人即戦力研修の3つのポイント

ポイント

POINT01ビジネスマインドに一変するメソッド

タイトル

図

図

タイトル

図

図

POINT02業種・職種に応じて選べる5コース

表

表

受講人数が20名以上の企業様は、ご要望に合わせた オーダーメイド の研修が可能です。

表

表

表

表

表

受講人数が20名以上の企業様は、ご要望に合わせた オーダーメイド の研修が可能です。

POINT03助成金の活用申請手続きサポート

人材開発支援助成金 認定実習併用職業訓練とは、計画的に人材育成を行い、OJT・Off-JT訓練を組み合わせて実施する企業に対して国が助成金を支給する制度です。
秀實社の研修を導入された企業様には、ご要望に応じて助成金申請をサポートいたします。

参考例:[中小企業] [営業コース][接客・接遇コース] の助成金収支

  受講者1人あたりの料金 単価 数量 合計
助成金受給 OFF-JT 賃金助成見込額 760円 88時間 66,880円
OFF-JT 経費助成見込額 150,000円 1 150,000円
OJT 実施助成見込額 665円 350時間 232,750円
助成金受給額合計 449,630円
支払 研修受講費 324,000円 421,120円
助成金申請代行費(20%) 97,120円
  収支 +28,510円

合計

合計

参考例:[Java総合コース3ヶ月]の助成金収支    Coming Soon(昨年度例)

  受講者1人あたりの料金 単価 数量 合計
助成金受給 OFF-JT 賃金助成見込額 800円 480時間 384,000円
OFF-JT 経費助成見込額 150,000円 1 150,000円
OJT 実施助成見込額 700円 680時間 476,000円
助成金受給額合計 1,010,000円
支払 研修受講費
(助成金申請サポート費込)
594,000円 594,000円
  収支 +416,000円

合計

合計

※上記の試算表はあくまで目安となります
※ 助成金の支給より先に、研修費のお支払いが必要です

比較

比較

相談無料!お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!

研修期間
営業・接客:2018年4月~9月:6ヵ月間(全11回)
エンジニア:2018年4月~:1ヵ月コース・2ヵ月コース・3ヵ月コース
受講対象者
2018年卒・35歳未満
対象助成金
人材開発支援助成金
研修費用
300,000円/1人(税別)
エンジニア:330,000円~/1人(税別)

コンサルタント・トレーナー紹介

髙橋 秀幸

マインドセット担当

髙橋 秀幸株式会社秀實社 代表取締役社長

1977年生まれ。2000年、日本大学商学部卒業後、ファッション業界向け大手人材派遣会社に入社。大手外資系ブランドの化粧品販売、営業および人材採用・育成などの管理責任者に最年少で就任。社内売上げナンバー1を達成する。
2004年、メンタルトレーニング学の第一人者である飯田明氏に師事し、年間250日の研修を実施する。
2007年、新卒採用支援企業の営業本部マネージャーとして、100名の行動力ある学生組織をつくる。
2008年、組織人事コンサルティングファームで取締役社長に就任。全国の中小企業経営者とネットワークを築く。
2010年、株式会社秀實社を設立し、代表取締役社長に就任。組織人事コンサルティング事業では創業時より、上場企業の幹部創生プロジェクトを担当する。クライアントの中には、日本企業として14年ぶりにアメリカのナスダック市場に上場を果たした企業もある。また、パーソナルブランディング事業では、これまでに延べ10,000名の全国の経営者・ビジネスパーソンのアイデンティティ確立から、出版・イベント・セミナーまで、多岐にわたるサポートを行っている。2013年、「次代の日本を担う人財」を社会に送り出すことを目指し、次代人財養成塾 One-Willを開講。産経新聞社の運営協力のもと、教育革命を提唱している。

仕事の教科書(角川フォレスタ)/ 高橋 秀幸 (著)
髙橋著書「仕事の教科書」(KADOKAWA)を受講者全員に贈呈! 全ての働く人に必要不可欠な仕事の本質をこの1冊凝縮。
23種のワークシートで研修後に60日間の継続トレーニングを実施し、意識・行動の定着を図ります。
※継続トレーニングのテキストとして使用

佐藤 由利

ビジネスマナー担当・接客スキル担当

佐藤 由利オフィス・ラポール 代表

1967年生まれ。1991年、千葉大学看護学部(看護師・保健師免許保有)卒業後、日本航空株式会社に入社。訓練教官、機内アナウンス指導、主管部での経験を経て2005年チーフパーサー(客室責任者)昇格。チーフパーサーとして8年間、欧州・米州ファーストクラスを中心に乗務しつつチーム員のマネジメント業務に携わる。皇室・首相ご搭乗便にも責任者として複数回乗務。2010年、客室乗務員の訓練主任教官に。一般教官への指導法教育を始め、客室乗務員の教育訓練に長年携わる。ファーストクラス訓練を中心としながら、稲盛和夫会長(当時)のもと、全社員対象の「フィロソフィ教育」も兼任。培ってきた企業人・リーダーとしての生き方、徹底したお客様視点とそれに応える接客スキルを広く日本の企業に役立てたい思いが強くなり、2013年3月に退職。
2014年、外資系5つ星ホテルでのマネジャー勤務を経験後、接客・社員研修業としてオフィス・ラポール設立、代表を務める。現在、中小企業対象の人材育成コンサルティング、企業理念を体現するためのマナー研修、外国人の接客研修、雑誌コラム執筆等、多方面でサポートを行っている。

新井 重成

営業スキル担当

新井 重成株式会社トレーナビリティー 代表取締役

1980年、静岡県浜松市生まれ。幼少期より剣道、居合道を、高校より柔道を学ぶ。
2005年、早稲田大学教育学部卒業後、JASDAQ上場ソフトウェア会社に入社。2007年、株式会社リクルート(現リクルートキャリア)入社。若年層に特化した人材紹介事業の東京拠点立ち上げメンバーとして、都内の顧客開拓に従事。その後営業拠点長、営業拠点長育成担当を歴任。入社以来5年間、マネジメントを兼務しながら営業成績トップを維持。採用課題の解決だけでなく、企業の経営課題からあるべき組織像、人材像のコンサルティング、研修を実施。200社を超える企業の採用コンサルティングと約500名の就職決定、のべ2000名を超える方へのセミナーを実施。
2013年、研修事業者として独立。営業研修や新入社員、若手層向けの研修、人事部門向けの研修を中心として年間150日程度の研修を実施。また、採用コンサルティングとして企業の採用方針、手法の見直しや採用研修を実施。
2015年、株式会社トレーナビリティーを設立し、代表取締役に就任。大手人材企業を始め、メーカー、システム会社、与信管理会社等にて研修、コンサルティングを実施。

浅倉 ユキ

タイムマネジメント担当

浅倉 ユキアナザーキッチン株式会社 代表取締役

1974年生まれ。2004年、自宅で野菜料理(ゆるベジ)教室をスタート。ブログを活用し、全国から年間500名が参加する人気料理教室となる。
2005年、アナザーキッチン株式会社を設立し、取締役に就任。
2008年、河出書房新社より、1冊目の料理本を上梓。現在までに合計26冊を上梓している。同時に、自身の時間管理に悩み、独自のタイムマネージメント術(あな吉手帳術)を考案。
2011年、ディスカヴァー・トゥエンティワン社より、手帳術関連書籍1冊目を上梓。2013年、「あな吉手帳術」インストラクター制度をスタート。現在30名が在席している。
2014年、株式会社ナカバヤシより、オリジナル手帳を発売。現在東急ハンズ、LOFT、丸善、ASKULなどが取り扱う。「ゆるベジ」インストラクター制度をスタート。現在50名が在席している。
2015年、ビジネスパーソン向け「3ステップ時間管理術」スタート。
2016年、「3ステップ時間管理術」インストラクター制度をスタート。現在10名が在席している。

※その他在籍コンサルタント30名以上。

受講者の感想

この研修を受けなければ、「自分はビジネスマンであり、プロである」ということを考えることはありませんでした。

イメージ
最初の2日間のマインドセット研修を終えて、自分の意識の低さを恥じました。自分で気が付かないうちに会社に甘え、だらけていた部分がありました。この研修を受けなければ、「自分はビジネスマンであり、プロである」ということを考えることなく、何となく社会人になったつもりでいたと思います。社会人は学生と違い、会社の歯車であり、 原動力となって利益や結果を生み出さなくてはならないことを教えていただきました。今後は、会社に育ていただくだけでなく、自分たちで自社のサービス力を高めていくことで、会社に恩返しをしていきます。そのために、自分の置かれた状況に甘えることなく日々の業務に取り組みます 。
人材業界:入社1年目:女性

プロとしてあたりまえの基準を学ぶ機会を与えていただき、本当にありがとうございました。

イメージ
私は、高橋社長にお会いできたことで考え方が変わりました。研修を受ける前の私は、人前で発言することを避けて、お金をいただける仕事を適当にやればいいと思うタイプの人間でした。しかし、高橋社長から指導を受ける中で、自分がしたかったことや、なぜ弊社に入社をしたのかを振り返ることができ、仕事への取組み姿勢が変わりました。
60日間自己変革プログラムで行った内容は、自分の生活のルーティーンに取り入れることができるようになりました。競合他社の情報収集と接客ロープレを強化し、今後も自己研磨に励んでいきます。今回、プロとしてのあたりまえの基準を学ぶ機会を与えていただき、本当にありがとうございました。
飲食業界:入社1年目:女性

高橋社長の言葉一つ一つが胸に刺さり、私が今までしてきたことは仕事ではなかったと思い知らされました。

イメージ
今まで生きてきた中で、一番考えさせられる2日間でした。高橋社長の言葉一つ一つが胸に刺さり、私が今までしてきたことは仕事ではなかったと思い知らされました。今までの自分は失敗することから逃げ続け、失敗しても自分の力不足を、何かに責任転換をしていました。売れない、数字が上がらないのはお客様や会社、景気のせいではなく、自分に問題があったからです。この2日間で高橋社長に教えていただいたことを脳裏に焼き付け、明確な目標を設定することで、営業の役割を全うしていきます。
2日間、本当にありがとうございました。色々なことに気づかせていただき、自分への情けない気持ちもありますが、今は感謝の気持でいっぱいです。必ず成果を出すという信念を持って取り組みます。
不動産業界:入社2年目:男性

導入企業の感想

社会人になってから早い段階で意識を変える、「マインドセット」は非常に有効でした。

社会人になってから早い段階で意識を変える「マインドセット」は非常に有効だったと感じています。高橋代表の研修トレーニング後の社員達の行動を見ていますと、実施後の考え方、立ち振る舞い、仕事への取り組み姿勢が明らかに違っています。
上司からのアドバイスを素直に受け入れ、すぐに改善に努めることや、業務時間外にも自分のスキルを高めるための取り組みを自発的に行っています。
昨年に入社をした社員達は、1年間現場に配属された後だったため、緩い習慣が身に付いてしまい、変わることに苦労をしているようです。今後も、入社してすぐの「マインドセット」は必須事項だと考えています。
小売業界 常務取締役

働けることへの感謝の気持ちを感じるようになりました。本当にこの研修を行って良かったと実感しています。

研修前は元気のなかった社員(仕事に対するモチベーションが見つけられず、今にもやめそうな雰囲気)や、ストレスを自分で抱えたままの社員、言われた最低限のことしかやらない社員、一生懸命に働くことを馬鹿にしている社員などなど、会社で働くことを理解できていない社員がたくさんいました。
面接に面接を重ね、高学歴で入社した社員もたくさんいるにも関わらず、私がうまく引っ張っていけていないため、働くということはこんなもんでいいんだ、と思い込んでいる新入社員もたくさんいました。そのような若い社員は、他社の厳しさを知らなかったという無知さゆえのことでもあったのでしょう。
しかし、この研修を受けて、みなそれぞれ変わりました。何より会社に驚くほど活気が出てきました。社員が日々働けることへの感謝の気持ちを感じれるようになりました。本当にこの研修を導入して良かったと実感しています。
EC業界 代表取締役

相談無料!お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!

研修期間
営業・接客:2018年4月~9月:6ヵ月間(全11回)
エンジニア:2018年4月~:1ヵ月コース・2ヵ月コース・3ヵ月コース
受講対象者
2018年卒・35歳未満
対象助成金
人材開発支援助成金
研修費用
300,000円/1人(税別)
エンジニア:330,000円~/1人(税別)

助成金対象者・収支計算

①人材開発支援助成金 特定訓練コース 認定実習併用職業訓練(規模:中小企業)
対象 入社時期 雇用保険 Off-JT(固定) OJT(一例) 研修費 助成金代行費 助成金(一例)
2018年卒
中途(45歳未満)
2018年4月 加入 11日間
計88時間
計350時間 300,000円
(税別)
助成金受給額の
20%
約449,630円
②人材開発支援助成金 特定訓練コース 認定実習併用職業訓練(規模:大手企業)
対象 入社時期 雇用保険 Off-JT(固定) OJT(一例) 研修費 助成金代行費 助成金(一例)
2018年卒
中途(45歳未満)
2018年4月 加入 11日間
計88時間
計350時間 300,000円
(税別)
助成金受給額の
20%
約266,440円
③人材開発支援助成金 特定訓練コース 若年人材育成訓練(規模:中小企業)
対象 入社時期 雇用保険 Off-JT(固定) OJT(一例) 研修費 助成金代行費 助成金(一例)
2017年卒
2016年卒
35歳未満
2013年4月以降 加入 11日間計
88時間
助成金対象時間
40時間程
計350時間 300,000円
(税別)
助成金受給額の
20%
約180,400円
④人材開発支援助成金 特定訓練コース 若年人材育成訓練(規模:大手企業)
対象 入社時期 雇用保険 Off-JT(固定) OJT(一例) 研修費 助成金代行費 助成金(一例)
2017年卒
2016年卒
35歳未満
2013年4月以降 加入 11日間計
88時間
助成金対象時間
40時間程
計350時間 300,000円
(税別)
助成金受給額の
20%
約115,200円

助成金計算式

上記No 経費助成 Off-JT賃金助成 OJT実施助成 合計受給額
150,000円 760円×88h=66,880円 665円×350h=232,750円 449,630円
100,000円 380円×88h=33,440円 380円×350h=133,000円 266,440円
150,000円 760円×40h=30,400円 180,400円
100,000円 380円×40h=15,200円 115,200円
①人材開発支援助成金 特定訓練コース 認定実習併用職業訓練(規模:中小企業)
対象 2018年卒
中途(45歳未満)
入社時期 2018年4月
雇用保険 加入
Off-JT(固定) 11日間
計88時間
OJT(一例) 計350時間
研修費 300,000円
(税別)
助成金代行費 助成金受給額の
20%
助成金(一例) 約449,630円
②人材開発支援助成金 特定訓練コース 認定実習併用職業訓練(規模:大手企業)
対象 2018年卒
中途(45歳未満)
入社時期 2018年4月
雇用保険 加入
Off-JT(固定) 11日間
計88時間
OJT(一例) 計350時間
研修費 300,000円
(税別)
助成金代行費 助成金受給額の
20%
助成金(一例) 約266,440円
③人材開発支援助成金 特定訓練コース 若年人材育成訓練(規模:中小企業)
対象 2017年卒
2016年卒
35歳未満
入社時期 2013年4月以降
雇用保険 加入
Off-JT(固定) 11日間計
88時間
助成金対象時間
40時間程
OJT(一例) 計350時間
研修費 300,000円
(税別)
助成金代行費 助成金受給額の
20%
助成金(一例) 約180,400円
④人材開発支援助成金 特定訓練コース 若年人材育成訓練(規模:大手企業)
対象 2017年卒
2016年卒
35歳未満
入社時期 2013年4月以降/td>
雇用保険 加入
Off-JT(固定) 11日間計
88時間
助成金対象時間
40時間程
OJT(一例) 計350時間
研修費 300,000円
(税別)
助成金代行費 助成金受給額の
20%
助成金(一例) 約115,200円

助成金計算式

上記No 経費助成 Off-JT賃金助成 OJT実施助成 合計受給額
150,000円 760円×88h
=66,880円
665円×350h
=232,750円
449,630円
100,000円 380円×88h
=33,440円
380円×350h
=133,000円
266,440円
150,000円 760円×40h
=30,400円
180,400円
100,000円 380円×40h
=15,200円
115,200円

人材開発支援助成金:申請要件

【研修計画】
・OJT・OFF-JTの総時間数が、半年間425 時間(1年間850 時間)
・総時間数のうち、OFF-JTが占める割合が、2~8割必要
・OJTは、外部機関を用いることが必要

【対象者】
・15~40才が対象(4月1日付入社)
・雇用と同時に育成が必要(雇用直後に派遣される社員は対象外)

【企業規模】(資本金or 雇用保険加入人数のどちらかを満たしていれば中小企業)
・小売業:資本金5千万円以下、雇用保険加入数50人以下
・サービス業:資本金5千万円以下、雇用保険加入数100人以下

助成金申請の注意事項

【申請タイミング】
本制度は人気が高く、申請が難しいにも関わらず応募が殺到しています。公的機関の受理は基本先着順ですので、できる限り早い対応をお勧めいたします。

【キャッシュフロー】
助成金の給付は研修終了後に行う申請が処理された後です。外部委託研修会社には、先に費用の支払いが発生いたします。

【助成金を受給できない事例】
・会社都合の退職がある場合(2017年申請の場合は2016年9月~2017年11月月が対象期間となります)

相談無料!お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!

研修期間
営業・接客:2018年4月~9月:6ヵ月間(全11回)
エンジニア:2018年4月~:1ヵ月コース・2ヵ月コース・3ヵ月コース
受講対象者
2018年卒・35歳未満
対象助成金
人材開発支援助成金
研修費用
300,000円/1人(税別)
エンジニア:330,000円~/1人(税別)

導入スケジュール
(新入社員に対しての研修に助成金を活用する場合)

タイトル
ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。
タイトル
研修内容のご説明、新入社員に求めるスキルをヒアリングし、助成金の申請準備を行います。
タイトル
厚生労働大臣の認定を取得するための申請手続きを行います。
タイトル
大臣認定申請から1ヵ月程で、認定通知書が届きます。
タイトル
大臣認定後、受講人数を確定し、必要な書類を全て揃えた状態で2回目の申請を行います。
タイトル
4月から、6ヵ月間の新入社員研修がスタートします。OJT訓練中は、日報の提出が必要となります。
タイトル
研修終了後、対象社員の方々の能力開発度を評価していただきます。
タイトル
必要な書類を全て揃えて労働局に提出します。

※助成金受給は、申請後6カ月前後となります。

新人を研修するのは大変だから、依頼したいんだけどどこの会社に依頼したらよいかなぁ。。。。とお困りの、企業様!全て、秀實社にお任せ下さい!!弊社は、成果にコミットいたします。まずは、お気軽にご相談下さい。

新人を研修するのは大変だから、依頼したいんだけどどこの会社に依頼したらよいかなぁ。。。。とお困りの、企業様!全て、秀實社にお任せ下さい!!弊社は、成果にコミットいたします。まずは、お気軽にご相談下さい。

相談無料!お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!

研修期間
営業・接客:2018年4月~9月:6ヵ月間(全11回)
エンジニア:2018年4月~:1ヵ月コース・2ヵ月コース・3ヵ月コース
受講対象者
2018年卒・35歳未満
対象助成金
人材開発支援助成金
研修費用
300,000円/1人(税別)
エンジニア:330,000円~/1人(税別)

会社概要

会社名 株式会社秀實社
(英文社名:Syujitsusya Consulting Inc.)
代表取締役社長 髙橋秀幸
資本金 1000万円 本社所在地 東京都中央区銀座4-13-11 松竹倶楽部ビル10F
電話番号 03-6264-2377 FAX 03-6264-2378
設立年月日 2010年1月28日 主要取引先 株式会社産業経済新聞社、株式会社モスト総研
株式会社ライセンスアカデミー、株式会社リゾーム
会社名 株式会社秀實社
(英文社名:Syujitsusya Consulting Inc.)
代表取締役社長 髙橋秀幸
資本金 1000万円
本社所在地 東京都中央区銀座4-13-11 松竹倶楽部ビル10F
電話番号 03-6264-2377
FAX 03-6264-2378
設立年月日 2010年1月28日
主要取引先 株式会社産業経済新聞社
株式会社モスト総研
株式会社ライセンスアカデミー
株式会社リゾーム

お問い合わせ・お申込み

お問い合わせ種別必須
会社名必須
お名前(漢字)必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

個人情報保護方針
1.個人情報の定義
株式会社秀實社は、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。

2.クッキー・IPアドレス情報
クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。
株式会社秀實社の運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。

3.個人情報利用目的の特定
株式会社秀實社は、個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的をできる限り特定します。

4.個人情報利用の制限
株式会社秀實社は、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

5.個人情報の適正な取得
株式会社秀實社は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。

6.個人情報の取得に際する利用目的の通知
株式会社秀實社は、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。

(1)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)利用目的をご本人に通知し、または公表することにより株式会社秀實社の権利または正当な利益を害するおそれがある場合
(3)国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(4)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

7.個人情報利用目的の変更
株式会社秀實社は、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

8.個人情報の安全管理・従業員の監督
株式会社秀實社は、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報保護規程を定め、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。

9.委託先の監督
株式会社秀實社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、株式会社秀實社が定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

10.第三者提供の制限
株式会社秀實社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。

(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5) 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合

1.利用目的に第三者への提供を含むこと
2.第三者に提供されるデータの項目
3.第三者への提供の手段または方法
4.ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること

ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。

(1)株式会社秀實社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
(2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき
株式会社秀實社は、個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合、利用目的または管理責任者の氏名または名称が変更される場合は、変更する内容について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置きます。

11.個人情報に関する事項の公表等
株式会社秀實社は、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。

(1)個人情報の利用目的(ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。ご回答しない決定をした場合は、ご本人に対して遅滞なくその旨を通知します。)
(2)個人情報に関するお問い合わせ窓口

12.個人情報の開示
株式会社秀實社は、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。

(1)ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2) 株式会社秀實社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(3)他の法令に違反することとなる場合

なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

13.個人情報の訂正等
株式会社秀實社は、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。

14.個人情報の利用停止等
株式会社秀實社は、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

15.理由の説明
株式会社秀實社は、ご本人からの要求にもかかわらず、

(1)利用目的を通知しない
(2)個人情報の全部または一部を開示しない
(3)個人情報の利用停止等を行わない
(4)個人情報の第三者提供を停止しない

のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。

16.お問い合わせ
株式会社秀實社のプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記までお願い致します。
〒104-0061
東京都中央区銀座4-13-11 松竹倶楽部ビル10F
03-6264-2377※受付時間平日:9:00~17:00

プライバシーポリシーに同意する